忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぶ社会性が出て

昨日は1週間分の汗の布団を干し、洗濯をし、1週間分の空気の入れ替えをし、

ワンコも1週間分更年期日向ぼっこをしていました(^^)

そんな中、電話がなって

チワワのコロちゃんがお父さんとお母さんを連れて、塩昆布とブルーベリーをお土産に京都からやってきてくれました

去年は少し怖がっていたハクも、この1年の間に香港如新だいきて、

コロちゃんのお母さんになつき

自分からお母さんの唇をなめに行きました。スゴイ変化です

凛太郎は写っていませんが、お父さんになつきまくり、

しつこいほど「お腹撫でれ~」とひっくりかえっていました。

「撫でれ~」の合間に唇舐め舐め攻撃を展開していました。

私は震えるコロちゃんを抱いていました。

軽くてフワフワでぬいぐるみを抱っこしているみたいでした(^^)



コロちゃんは自分より大きなハクにニオイを嗅ぎまくられていたので、それは怖かったのでしょう。

ごめんねコロちゃん。

お父さん、お母さん、美味しい手作り塩昆布實現夢想とマキノの生ブルーベリーごちそうさまでしたm(__)m
PR

に大混乱におち

「何と申されたのですか沽空金額、女王陛下」オルバンがあっけにとられたような顔で彼女を見た。
「行きなさい!」セ?ネドラは命令した。「剣を取って、今すぐ行くのよ。できるかぎりたくさんのアンガラク人を殺してきなさい――わたしのために。オルバン、わたしのためにやつらを殺してきて!」そして彼女はようやく泣くことができた。
 オルバンはすすり泣く小さな王女を見て、次いったマロリー軍の方を見た。かれらは依然ミンブレイト騎士の情け容赦ない攻撃にさらされて、すっかり浮足だっていた。若者は歓喜に顔を輝かせると同時に、さっと剣を引き抜いた。「何ごとも女王陛下のみ心のままに」かれはこう叫ぶなり、馬のもとに走り去った。
 マロリー軍の最前列の大多数は公司名註冊

、アルガー人の振りまわすサーベルにせきたてられるようにして、逃げ去ったとはいえ、なおも続々とその数をふやし続け、やがて北に向かう低い丘陵地帯を覆いつくすまでになった。兵士たちの上着の赤色で覆われた地面はまるで血を流しているように見えた。だが次なる攻撃の主力はマロリー軍ではなかった。代わって泥色のうわっぱりを着たずんぐりしたタール人たちが、不承不承位置についた。タール人のすぐ後ろでは、馬に乗ったマロリー人たちが鞭でかれらを急きたてていた。
「あれがマロリー人どもの基本的な戦闘配置さ」ベルディンが苦々しげな声を出した。「ザカーズは死者をほとんどタール人でまかなうつもりなのさ。やっこさんの軍隊はタウル?ウルガスとの戦闘に備えて温存しておく気なのだ」
 セ?ネドラは涙に汚れた顔を上げた。「わたしたち、いったいどうすればいいの?」王女はみにくい魔術師に聞いた。
「タール人を殺すまでのことだ」かれはぶっきらぼうに答えた。「ミンブレイト騎士団が一、二回攻撃してやって、連中の士気をくじいてやらねばならん。タール人は優秀な兵士ではないから、チャンスさえ与えてやれば、喜んで逃げ出すだろうよ正面的生活態度

かれは耳ざわりな声で続け

宦官サディはここ数年来、スシス?トールの宮殿に行きわたった礼儀正しい如才なさに慣れ、注意がいささか散漫になっていた。それを見抜いた同僚の一人が機会に乗じて、毒を盛った。それはサディにとってはまったく不愉快な体験だった。解毒剤は皆ひどい味がして、後遺症のために頭の働きが鈍りがちになった。かすかないらだちを押し隠しながら、鎖かたびらをつけたタウル?ウルガス王の勅使をむかえたのは、そんなときだった。
「マーゴ王タウル?ウルガスは永遠なるサルミスラ女王の侍従長サディ殿に謹んでご挨拶を申し上げます」サディが国務の大半を処理する薄暗い、ひんやりした執務室に入ってくるなり、マーゴ勅使は深々と頭を下げて、とうとうと挨拶をのべた
SIAX 優惠
「蛇神の女王の侍従長より、アンガラクの竜神の右腕に、謹んで返礼申し上げます」サディはそっけなく決まりきった挨拶を返した。「ご用件をうがかいましょうか? わたしは今日気分がすぐれないもので」
「すっかりご回復なされたようで、まことに喜ばしいことです」顔に傷のある勅使は、無表情を取りつくろいながら、嘘を言った。「それで、毒殺者は逮捕されたのでしょうね」男は椅子を引き寄せると、サディが書き物机に使っている磨かれたテーブルの向かい側に腰を下ろした。
「むろんですとも」サディは何とはなしに剃髪した頭をかきながら答えた。
「もう処刑なさったのですか」
「なぜ処刑しなければならないのでしょう。かれは毒殺の専門家で、なすべきことをしただけのことです」
 マーゴ人はいささかおどろいたようだった。
「優秀な毒殺者は国の役にたつものです。誰かに毒を盛るたびに犯人を処刑していたのでは、すぐに毒殺者はいなくなってしまいます。そんなことになったら、もしわたしが誰かに毒を盛りたいときは誰に頼めばよいのでしょうDream beauty pro 脫毛
 マーゴ勅使は信じがたいといったおももちでかぶりをふった。「いや、あなた方はじつに驚くべき抱擁力の持ち主ですな」た。「それではかれの雇い主の方はどうしたのですか」
「それはまた別の問題ですな。かれの雇い主は今ごろ川の底でヒルを喜ばせていることでしょう。ところであなたのご訪問は公式のものですかな、それとも単にわたしの健康を気づかってお立ち寄り下さったのですか」
「その両方です、閣下」
「あなた方はなかなか実利的でいらっしゃるようだ」サディはひややかに言った。「それでタウル?ウルガス王は何をお望みなのですか」
「アローン人どもが、ミシュラク?アク?タールに侵入しようと、軍備を整えております」
「そんな噂も聞いてますね。それがニーサといかような関係があるのでしょう」
「ニーサがアローン人を好いているとは思えませんが」
「マーゴ人を好いているとも思えませんがね」
「リヴァ王亡きあと、ニーサを侵略したのはアロリアですぞ。それにニーサにとっての主要な交易相手はクトル?マーゴスではありませんか」
「どうか本題に入っていただけませんか」サディはうんざりしたように頭を撫でた。「わたしどもは長年の怨恨にも友好にも、もはや左右されることはありません。奴隷取引はさほど重要なものではなくなっていますし、アローン人による侵略の傷痕はもはや数世紀も前に回復されているのです。タウル?ウルガス王はいったい何をお望みなのですかな」
「わが国王はむだな流血を避けたいと願っておられるのです」マーゴ勅使は述べたてた。「トルネドラ軍は、現在アルガリアに集結している軍隊のなかでも重要な役割を果たしております。もし無防備になっているニーサとの南の国境で、何らかの脅威が――むろん、あくまでも脅しだけですが――生じれば、ラン?ボルーンは自分の軍隊を呼び戻さねばならないでしょう。トルネドラ軍が戦線を離脱すれば、アローン人も無謀な行動には踏み切れなくなるでしょう」
「トルネドラを侵略しろとおっしゃるのですか」サディは疑い深げに聞き返した願景村

自分の腕をあげな

「ゼダーはどこにいるの?」ポルおばさんはダーニクの亡骸から涙に濡れた顔を上げ、強烈なまなざしで老人をにらみつけた。
「下へ残してきたよ」ベルガラスがそっけなく言った。
「死んだの願景村人生課程?」
「いいや」
「それじゃ、ここに連れ戻してちょうだい」
「何のために?」
「わたしと対決させるためよ」彼女の瞳が燃えあがった。
 老人は頭を振った。「いいや、ポル。おまえはこれまで人を殺したことなどないのだぞ。ならばそのままにしておこうではないか」
 彼女はそっとダーニクの身体を床に横たえて、立ち上がった。青白い顔は悲しみと渇望に歪められていた。「それなら、わたしが行くわ」女魔術師はそう言い捨てると、足もとの床を打とうと

するかのように両腕を振りあげた。
「だめだ」ベルガラスもまたがら言った。「そんなことをしてはいかん」
 二人はにらみあったまま、すさまじい沈黙の死闘を続けた。ポルおばさんの顔に父親の妨害に対するいらだちの色が浮かんだ。彼女は一方の腕をあげて、意志の力で大地を叩き割ろうとしたが

、再度ベルガラスは自分の腕を振りあげた。
「行かせてちょうだい、おとうさん」
「だめだ」
 彼女は見えない妨害から逃れるように身をくねらせ、意志の力を倍加した。「行かせてよ、この老いぼれ」
「だめだ、こんなことをしてはいかん窩輪。わしはおまえを傷つけたくないのだ」
 彼女は再度、死にものぐるいで意志をぶつけようとしたが、ふたたびベルガラスによって阻止された。老人の表情が固くなり、あごがこわばった。
 ポルガラはついに体中の意志の力をふりしぼって、老人の作り出した障壁に叩きつけた。だが老人の姿はまるで不動の岩のように動かなかった。彼女はがっくりと肩を落とし、顔をそむけると

、再びダーニクのかたわらにひざまずいてすすり泣きはじめた。
「すまなかった、ポル」老人は優しい声で言った。「できるなら、こんなことはしたくなかったのだ。大丈夫か?」
「よくもそんなことが言えるわね」彼女はダーニクのもの言わぬ身体に腕を巻きつけ、とぎれとぎれに言った。
「まさかこんなことになるとは思わなかったのだ」
 彼女は父親に背をむけて、両手で顔を覆った。
「それにおまえが下へ行っても、もはややつには会えんだろう、ポル」老人は言った。「われわれがいったん行なったことを、他人が元に戻すことができないことくらい、おまえも知っているは願景村

不思議な会話が終わる

ガリオンは思わず息をのんだ。
 するとどこか果てしない遠くから アルダーの声が聞こえてきた。師弟はしばらく静かな声で話をかわしていたが、その間にも祖父の〈意志〉の力は衰えなかった。アルダーの〈意志〉を注ぎこまれ、大きくふくれあがったそれはますます強大になっていくようだった。
「いったい何が起こってるんだ」シルクの声には怯えに近いものが感じられた。
「おじいさんはアルダーと話しているんだ。でも何といってるのかは聞こえないんだ」
「アルダーがかれを助けているの?瘦面針」ヴォルダイがたずねた。
「わかりません。アルダーがもはや自分の〈意志〉を使ってるのかもよくわからないんです。でも、どうやら限界のようなものがあるようです――かれと他の神々とのあいだで取り決めた何かが」
 のと同時に、ガリオンは祖父の〈意志〉がますます高まり、寄り集まってくるのを感じた。「始まったぞ」ガリオンはなかばささやくような声でふたりに言った。
「ベルガラスの力はまだ続いてるのか」シルクがたずねた。
 ガリオンはうなずいた。
「前とくらべて衰えたりはしていないかね」
「わからない。力がどれくらいの強さかを測ることはできないんだ探索四十課程
 ふくれあがった緊張状態はいまや耐えがたいまでになった。ベルガラスが今行なっていることは、とてつもなく深遠でいわく言いがたいものだった。今回はわきあがるうねりも、うつろな反響も感じられなかった。そのかわりにガリオンは老人の〈意志〉がいらいらするほどゆっくりと放出されていく、ちくちく刺すような不思議なささやき声を聞いていた。それは何かを繰り返し語っているようだった――意味がほとんどわかっているのに、直前のところでかわされているようなじれったさをガリオンは感じていた。
 家の外で遊んでいた沼獣たちの動きがぴたりとやんだ。立ちつくしたまま一心に耳をすますかれらの足元で忘れさられたコケのボールがむなしく転がった。朝のひと泳ぎから戻る途中のポッピーとチューピクもまた凍りついたように動きを止め、水面から頭を出してベルガラスがやさしくささやく声にじっと聞き入った。それはかれらの心に直接ふれながら、話しかけ、説明し、教えた。動物たちの目がいっせいにすべてを理解したかのように見開かれた。
 ようやくベルガラスが霧にけぶる柳の木々のあいだから姿をあらわした。老人の足取りは重くよろよろしていた。かれはゆっくりと家にむかって歩き出したが、途中で一回だけ足をとめて、戸口のまわりにたたずむ沼獣たちの驚いた顔をじっとのぞきこんだ。そして深くうなずいて家の中に戻ってきた。かれの両肩は疲労にがっくりと落ち込み、白い髭を生やした顔には血の気がなかった。
「あなた大丈夫なの」ヴォルダイの声からもはや奇妙な平板さは失われていた辦公室裝修工程

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R