忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

を克服するほどの

「われわれは何を知っているというんだね」ティリンギャーストがいった。「われわれのまわりの世界と宇宙についてだ。われわれが印象をうけとる實德金融集團手段は莫迦ばかしいほどかぎられたものだし

、まわりにある物体についてのわれわれの概念は、このうえもなく狭隘《きょうあい》なものなんだからな。われわれは見えるようになっているものしか見ていないし、見ているものの窮極の性

質については、さっぱり理解してやしない。弱よわしい五つの感覚で、果しなく複雑な宇宙を理解しているふうをよそおってはいるが、われわれより強く、広く、異なった範囲の感覚をもってい

る他の生物は、われわれが見るものをまったくちがって見るだけじゃなく、間近にありながらもわれわれの感覚では絶対に見いだせない、物質、エネルギー、生命の世界全体を、その目で見て研

究することもできるんだぞ。常つね思っていることだが、そういう手の届かない不思議な世界はわれわれのすぐそばに存在して、ついにこのぼくは、その障壁を破る方法を見つけだしたと思うね

。冗談をいっているんじゃない。いまから二十四時間のうちに、テーブルの近くにあるあの機械が、われわれのうちに退化したものか痕跡器官としてのこっている、まだ存在さえ認められていな

い感覚器官に作用する、ある種の波長を生みだすことになっているんだ。人間には未知の数多くの景観や、われわれが生物と呼ぶどんなものにも未知ないくつかの景観を、その波長があらわにし

てくれるだろう。犬が闇のなかで吠えたり、猫が真夜中すぎて耳をつきたてたりする、その原因になっているものが見えるだろうな。そうしたものだけではなく、いまだ生きているものが目にし

たことのないものも見えるだろう。時間、空間、次元を重ねあわせ、まったく体を動かすことなく、創造の根底を覗き見ることにもなるだろう」
 ティリンギャーストがこういったことを話したとき、わたしはやめろと忠告した。ティリンギャーストのことをよく知っていたので、面白がるどころかこわくなってしまったからだ。しかしテ

ィリンギャーストは血迷って實德いて、わたしを家から追いだしたのだった。それがいま、血迷っているところはかわりないとはいえ、話したいという欲求が激怒ものになっていて

、かろうじてティリンギャーストのものだとわかる筆跡で、どうあっても来てほしいと手紙を寄こしてきたのだ。そして突如として震える妖怪じみたものに変身してしまった友人の住居に、わた

しは足を踏みいれ、闇という闇のなかに恐怖がしのびこんでいるような印象をうけた。十週間まえに口にされた言葉や信念が、蝋燭の焔が照らす範囲を超えた闇のなかに具現しているようで、わ

たしはこの家の主人のうつろなものになってしまった声に、胸を悪くした。召使たちがいることを願っていたので、三日まえに全員出ていってしまったといわれたときには、どうにもいい気持は

しなかった。すくなくともあのグレゴリーまでもが、わたしのような友人に何もいわずに主人を見すてるということが、不思議に思えたものだ。わたしが激怒によって追いだされてから、ティリ

ンギャーストのことをあれこれ知らせてくれたのは、グレゴリーだったのだから。
 しかしまもなく、わたしの恐怖は、つのりゆく好奇心と魅惑に呑みこまれてしまった。クロフォード・ティリンギャーストがわたしに何を望んでいるかは、推測することしかできなかったが、

何かわたしに知らせたい秘密をもっているか発見をしたことは、確実だった。考えることもできないものに探りをいれようとする、楊海成ティリンギャーストの尋常ならざる企てに、以前わたしは抗議

をしていたのだが、どうやらある程度成功しているらしく、その勝利の代償は恐ろしいもののようだったが、わたしはそのときのティリンギャーストの気持がおおよそわかるように思った。やつ

れはてた震える男が手にする蝋燭が、焔を揺らしながら進んでいくかたわら、
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R