忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好会に勧誘

ィデンスを離れ、そのままニューヨークで暮すことになった。ラヴクラフトより七歳年上のロシヤ系のユダヤ人であるソーニャは、進取の気性にとむ活発な女性で、一度離婚した経験があるが、前夫のスタンリー・グリーンから本を読むことを教えられ、さらに友人のジェイムズ・F・モートンから文芸同され、アマチュア文芸活動を通じてラNeo skin lab 美容ヴクラフトと知りあったのだった。実際の年齢よりも若く見え、ラヴクラフトの友人サムエル・ラヴマンにいわせれば、「これまで会ったなかで最も美しく、またやさしい女性」だったが、意志が強く、野心的で、「二秒と口をつぐんでいられなかった」ようでもある。ボストンで開かれたアマチュア文芸の大会ではじめてラヴクラフトと会った頃、マンハッタンの洋装店ファール・ヘラーの店長として働いていたソーニャの年収は一万ドルに近く、ラヴクラフトの伝記を執筆したスプレイグ・ディ・キャンプは、「一九二一年の女性の収入としては驚嘆すべきもの」と記している。
 さて、ソーニャと出会った頃のラヴクラフトについて簡単に記しておくなら、母親が発狂して父親が収容されたのとおなじバトラー病院で、二年間にわたる療養生活を送った後、一九二一年の五月二十四日に亡くなったことにショックをうけ、放心状態におちいり、しばらくはほとんど何も手につかないありさまだった。そんなラヴクラフトの気晴しに暑假旅遊
なったものが、ニューイングランドの各地を訪れる小旅行で、こうしてマーブルヘッドにも足をのばし、それが一つの成果をあげたことは既に記したとおりである。日常のことは二人の叔母が面倒をみてくれていたが、母親を亡くしたラヴクラフトには心の支えがなくなり、そのラヴクラフトのまえに魅力的で面倒みのいい活発なソーニャがあらわれた。二人の出会いにはいかさま運命じみたものがあるといわざるをえない。さらにつけ加えるなら、一九二三年の三月に〈ウィアード・テイルズ〉が創刊され、ラヴクラフトは自作を五篇送付したことをきっかけに、同誌に作品を発表しつづけ、新たな世界が開かれたような気分を味わっていたはずである。
〈挿絵:左からクライナー、ソーニャ、ラヴクラフト。1921年ボストンにて〉

 ニューヨークに腰をおちつけたラヴクラフトは、〈リーディング・ランプ〉の編集長の、ミス・タッカーから、書評を依頼されるとともに、アメリカの妖術や幽霊屋敷をあつかった本を書いてみないかと勧められ、資料を集めだした。しかしタッカーは後に考えをかえ、ラヴクラフトを書評家として雇うこともしなければ、執筆を勧めた本をひきうけることもせず、この企ては中絶するにいたっている。最初は祝福された結婚生活だったにせよ、あまりにもかけはなれた二人の性格の不一致が徐々に影を落とすようになった。さらに五十七丁目にあるソーニャの店の営業成績が落ちて、ソーニャはこの店を閉じて新たにブルックリンに帽子店を開いたが、これは最初から失敗が約束されたようなものだった。一九二四年には〈ウィアード・テイルズ〉が経営不振におちいり、ラヴクラフトは編集長の地位を提示されるが、寒Amway安利いシカゴで暮す気にはなれずにこれをことわったが、このために求職活動に奔走しなければならなくなり、これまで一度として定職についたことのないラヴクラフトにとっては、面接が拷問のようなものになって、失意の日々がつづいた。
 そしておなじ年、ソーニャが事業の失敗によってノイローゼになり、転地療養もかねてシンシナティに移ったため、ラヴクラフトは高くつくパークサイド街二五九番地のアパートをひきあげ、ブルックリンの区役所に近いクリントン・ストリート一六〇番地のアパートで一人暮すことになった。すなわちレッド・フック地区である。もうこの頃には結婚生活が完全に破綻《はたん》していたといってもいいだろう。さまざまな人種の坩堝《るつぼ》であるニュ
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R