忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さらに直接的な

 責め苦にあうわたしの耳には、間断なく、悪夢めいた羽ばたきや唸《うな》り、そして何か巨大な猟犬がたてるような、遠くかすかな吠え声がひびく。夢ではない。恐ろしいことだが狂気でさえもない。もうそうした疑念が抱けないほど回收價に、多くのことがおこっているのだから。
 セント・ジョンがずたずたの死体になりはててしまった。わたしだけがその理由を知っている。そういう知識があるからこそ、自分自身がおなじようにずたずたに引き裂かれることのないよう、頭を撃ち抜いて自殺しようとしているわたしなのだ。慄然《りつぜん》たる幻想の暗く果しもない回廊を、黒く醜い復讐《ふくしゅう》の女神ネメシスがかすめさっていき、わたしに自殺せざるをえないようにさせる。
 神よ、わたしたち二人をかくも恐ろしい運命に導いた、愚かしくも病的な行為を許したまわんことを。俗世間の平凡さに倦《う》み疲れたあげくのことだった。恋愛や冒険の悦びさえもがたちまち興趣を失ってしまう俗世間で、セント・ジョンとわたしは、心うちひしがれる倦怠《けんたい》の中断を約してくれる、耽美《たんび》主義や主知主義の運動のすべてを熱心に追い求めていた。象徴主義者の謎やラファエロ前派の恍惚《こうこつ》は、その絶頂期にあるものを残らず自分たちのものにしたが、新たな気分にひたっても、気晴しになる新奇さや魅力はたちどころに味わいつくされてしまうのだった。大腸癌 標靶藥頽廃《たいはい》主義者の陰鬱《いんうつ》な哲学だけがわたしたちを救ってくれたが、これとて、洞察を深め、わたしたちのもつ魔性を徐々に高めていかないことには、何の効果もないことがわかった。ボードレールもユイスマンスもすぐにその戦慄は底をついてしまい、ついには尋常ならざる現実の体験や冒険という、刺激だけをあますばかりになってしまった。ほかならぬこの恐ろしい感情的な欲求に導かれるまま、わたしたちはあげくの果に、恐怖にさいなまれているいまですら、恥辱を感じておずおずと記さざるをえない、あの唾棄《だき》すべき行状、人間の行為のなかで最も不埒《ふらち》な醜行、忌《いま》わしい墓場荒しをおこなうようになってしまったのだった。
 わたしたちは何度となく怖気《おぞけ》立つ遠征をしたが、その詳細を明らかにすることはできない。わたしたちが召使もおかず二人きりで住んでいた、石造りの大きな家に設けられた名もない博物館を飾る戦利品のうち、最悪のものは、一部とて記すわけにはいかない。わたしたちの博物館は異常きわまりない冒涜《ぼうとく》的な場所で、わたしたちはそこに、精神を病んだ美術愛好家さながらの悪魔めいた嗜好《しこう》に基づき、疲弊《ひへい》した感受性を刺激する恐怖と腐朽の小宇宙をつくりあげていた。地下のはるかな深みに設けられた秘密の部屋だった。そこでは、玄武岩や縞瑪瑙《しまめのう》から彫りぬかれた、翼をもつ巨大な魔神が、残忍な笑いをうかべる口から緑色と橙《だいだい》色の光を放ち、隠された送気管がどっしりした黒い綴織《タピスリー》を波だたせて、そこに織りこまれた手に手を碳酸面膜とる納骨堂の赤い幽鬼の列に、変幻きわまりない死の舞踏を演じさせるのだった。こうした送気管からは、わたしたちの気分に最もかなう香や匂が自在に送りだされた。ときとしてそれは、弔花に用いられる青白い百合の香となり、心に描く、王の遺体を安置する東洋の霊廟にこもる催眠性の芳香となり、そして――思いだすだけでも恐ろしいが――暴かれた墓からのぼる恐ろしくも悍《おぞ》ましい悪臭となった。
 この厭《いと》わしい部屋の壁には、剥製師の技巧でもって完璧につめものがされ防腐処置がとられ、生けるがごときのととのった姿になりかわった古代の木乃伊《ミイラ》の棺が、世界で一番古い墓地から奪った墓石と交互にならべられていた。そこかしこの壁龕《へきがん》には、あらゆる形の頭蓋骨《ずがいこつ》、そしてさまざまな腐敗段階のままに保存される頭部が置かれていた。有名な貴族たちの腐りかけた禿頭《はげあたま》もあれば、葬られたばかりの子供たちの、すがすがしく輝かしい金色の頭もあった。
 彫像や絵画もあり、すべて極悪な主題をあつ
PR

を克服するほどの

「われわれは何を知っているというんだね」ティリンギャーストがいった。「われわれのまわりの世界と宇宙についてだ。われわれが印象をうけとる實德金融集團手段は莫迦ばかしいほどかぎられたものだし

、まわりにある物体についてのわれわれの概念は、このうえもなく狭隘《きょうあい》なものなんだからな。われわれは見えるようになっているものしか見ていないし、見ているものの窮極の性

質については、さっぱり理解してやしない。弱よわしい五つの感覚で、果しなく複雑な宇宙を理解しているふうをよそおってはいるが、われわれより強く、広く、異なった範囲の感覚をもってい

る他の生物は、われわれが見るものをまったくちがって見るだけじゃなく、間近にありながらもわれわれの感覚では絶対に見いだせない、物質、エネルギー、生命の世界全体を、その目で見て研

究することもできるんだぞ。常つね思っていることだが、そういう手の届かない不思議な世界はわれわれのすぐそばに存在して、ついにこのぼくは、その障壁を破る方法を見つけだしたと思うね

。冗談をいっているんじゃない。いまから二十四時間のうちに、テーブルの近くにあるあの機械が、われわれのうちに退化したものか痕跡器官としてのこっている、まだ存在さえ認められていな

い感覚器官に作用する、ある種の波長を生みだすことになっているんだ。人間には未知の数多くの景観や、われわれが生物と呼ぶどんなものにも未知ないくつかの景観を、その波長があらわにし

てくれるだろう。犬が闇のなかで吠えたり、猫が真夜中すぎて耳をつきたてたりする、その原因になっているものが見えるだろうな。そうしたものだけではなく、いまだ生きているものが目にし

たことのないものも見えるだろう。時間、空間、次元を重ねあわせ、まったく体を動かすことなく、創造の根底を覗き見ることにもなるだろう」
 ティリンギャーストがこういったことを話したとき、わたしはやめろと忠告した。ティリンギャーストのことをよく知っていたので、面白がるどころかこわくなってしまったからだ。しかしテ

ィリンギャーストは血迷って實德いて、わたしを家から追いだしたのだった。それがいま、血迷っているところはかわりないとはいえ、話したいという欲求が激怒ものになっていて

、かろうじてティリンギャーストのものだとわかる筆跡で、どうあっても来てほしいと手紙を寄こしてきたのだ。そして突如として震える妖怪じみたものに変身してしまった友人の住居に、わた

しは足を踏みいれ、闇という闇のなかに恐怖がしのびこんでいるような印象をうけた。十週間まえに口にされた言葉や信念が、蝋燭の焔が照らす範囲を超えた闇のなかに具現しているようで、わ

たしはこの家の主人のうつろなものになってしまった声に、胸を悪くした。召使たちがいることを願っていたので、三日まえに全員出ていってしまったといわれたときには、どうにもいい気持は

しなかった。すくなくともあのグレゴリーまでもが、わたしのような友人に何もいわずに主人を見すてるということが、不思議に思えたものだ。わたしが激怒によって追いだされてから、ティリ

ンギャーストのことをあれこれ知らせてくれたのは、グレゴリーだったのだから。
 しかしまもなく、わたしの恐怖は、つのりゆく好奇心と魅惑に呑みこまれてしまった。クロフォード・ティリンギャーストがわたしに何を望んでいるかは、推測することしかできなかったが、

何かわたしに知らせたい秘密をもっているか発見をしたことは、確実だった。考えることもできないものに探りをいれようとする、楊海成ティリンギャーストの尋常ならざる企てに、以前わたしは抗議

をしていたのだが、どうやらある程度成功しているらしく、その勝利の代償は恐ろしいもののようだったが、わたしはそのときのティリンギャーストの気持がおおよそわかるように思った。やつ

れはてた震える男が手にする蝋燭が、焔を揺らしながら進んでいくかたわら、

の記憶の欠如を

昏睡状態におちいってからのことをわたしが知っているのは、もちろん人に教えてもらったからだ。わたしはクレイン街二十七番地の自宅へ運ばれ宴會 統籌、最善の治療をほどこされたが、十六時間半、意識を回復する徴候もなかった。
 五月十五日の午前三時に、わたしは目を開けてしゃべりはじめたが、まもなく医者と家族の者たちは、わたしの顔つきと話す言葉におびえるようになった。明らかに、わたしは自分の素姓と過去の記憶をなくしていたのだが、どういうわけか、こ隠したがっていたらしい。まわりの者を見つめるわたしの目はよそよそしく、顔の筋肉もまったく見慣れない動き方をしたという。
 しゃべり方までがぎこちなく、外国人のようだった。わたしは発声器官を不器用に、まさぐるように使って発声し、書物から苦労して英語を学びとったかのように、言葉づかいには妙にかたくるしいところがあった。発声は耳ざわりなくらい異質で、独特のいいまわしには妙な古語の断片や、まったく理解できない表現がふ實德金融集團くまれていたらしい。
 後者については、特に一つの表現が、それから二十年後に、少壮の物理学者たちによって、このうえない影響力――そして不吉さ――をともなって回復されることになった。それほどの歳月を経た後に、そうした表現が――最初はイギリスで、次にアメリカで――実際に使用されはじめたのだ。かなり複雑で明らかに新しい表現だったが、一九〇八年にアーカムの不思議な患者の用いた謎めいた表現を、完全に再現したものだった。
 わたしの体力はすぐに回復したが、手足をはじめとする全身を自在に動かせるようになるには、異様なくらいの機能回復訓練が必要だった。こういったことや、記憶喪失にはつきものの他の障害のため、わたしはしばらく精密な検査と治療をうけることになった。
 記憶の欠如を隠そうとする試みが失敗におわったことを知ると、わたしはその事実を率直に認め、あらゆる種類の情報を知りたがるようになった。事実、医者たちには、記憶喪失が尋常なものとしてうけいれられていることを知るや、わたしが自分自身の問題に関心をなくしてしまったように思えたらしい。
 医者たちは、多くの場合きわめて奇妙にも、わたしの意識外に残っていたはなはだ難解なものもあれば莫迦らしいほど単純なものもある歴楊婉儀幼稚園史、科学、芸術、言語、伝承の特定事項の修得に、わたしが最大の努力をかたむけていることに注目した。
 同時に、わたしがほとんど世に知られていない知識を、不可解にもふんだんにもちあわせていることにも注目した――わたしはそうした知識を誇示するというよりは、隠したがっていたらしい。わたしは一般に認められている歴史の領域外にある、闇につつまれた太古の特異な出来事を、何気なく泰然としながら、ついうっかり口にすることがよくあった――相手が驚いた顔をするのを見ると、冗談だとして、さりげなく

好会に勧誘

ィデンスを離れ、そのままニューヨークで暮すことになった。ラヴクラフトより七歳年上のロシヤ系のユダヤ人であるソーニャは、進取の気性にとむ活発な女性で、一度離婚した経験があるが、前夫のスタンリー・グリーンから本を読むことを教えられ、さらに友人のジェイムズ・F・モートンから文芸同され、アマチュア文芸活動を通じてラNeo skin lab 美容ヴクラフトと知りあったのだった。実際の年齢よりも若く見え、ラヴクラフトの友人サムエル・ラヴマンにいわせれば、「これまで会ったなかで最も美しく、またやさしい女性」だったが、意志が強く、野心的で、「二秒と口をつぐんでいられなかった」ようでもある。ボストンで開かれたアマチュア文芸の大会ではじめてラヴクラフトと会った頃、マンハッタンの洋装店ファール・ヘラーの店長として働いていたソーニャの年収は一万ドルに近く、ラヴクラフトの伝記を執筆したスプレイグ・ディ・キャンプは、「一九二一年の女性の収入としては驚嘆すべきもの」と記している。
 さて、ソーニャと出会った頃のラヴクラフトについて簡単に記しておくなら、母親が発狂して父親が収容されたのとおなじバトラー病院で、二年間にわたる療養生活を送った後、一九二一年の五月二十四日に亡くなったことにショックをうけ、放心状態におちいり、しばらくはほとんど何も手につかないありさまだった。そんなラヴクラフトの気晴しに暑假旅遊
なったものが、ニューイングランドの各地を訪れる小旅行で、こうしてマーブルヘッドにも足をのばし、それが一つの成果をあげたことは既に記したとおりである。日常のことは二人の叔母が面倒をみてくれていたが、母親を亡くしたラヴクラフトには心の支えがなくなり、そのラヴクラフトのまえに魅力的で面倒みのいい活発なソーニャがあらわれた。二人の出会いにはいかさま運命じみたものがあるといわざるをえない。さらにつけ加えるなら、一九二三年の三月に〈ウィアード・テイルズ〉が創刊され、ラヴクラフトは自作を五篇送付したことをきっかけに、同誌に作品を発表しつづけ、新たな世界が開かれたような気分を味わっていたはずである。
〈挿絵:左からクライナー、ソーニャ、ラヴクラフト。1921年ボストンにて〉

 ニューヨークに腰をおちつけたラヴクラフトは、〈リーディング・ランプ〉の編集長の、ミス・タッカーから、書評を依頼されるとともに、アメリカの妖術や幽霊屋敷をあつかった本を書いてみないかと勧められ、資料を集めだした。しかしタッカーは後に考えをかえ、ラヴクラフトを書評家として雇うこともしなければ、執筆を勧めた本をひきうけることもせず、この企ては中絶するにいたっている。最初は祝福された結婚生活だったにせよ、あまりにもかけはなれた二人の性格の不一致が徐々に影を落とすようになった。さらに五十七丁目にあるソーニャの店の営業成績が落ちて、ソーニャはこの店を閉じて新たにブルックリンに帽子店を開いたが、これは最初から失敗が約束されたようなものだった。一九二四年には〈ウィアード・テイルズ〉が経営不振におちいり、ラヴクラフトは編集長の地位を提示されるが、寒Amway安利いシカゴで暮す気にはなれずにこれをことわったが、このために求職活動に奔走しなければならなくなり、これまで一度として定職についたことのないラヴクラフトにとっては、面接が拷問のようなものになって、失意の日々がつづいた。
 そしておなじ年、ソーニャが事業の失敗によってノイローゼになり、転地療養もかねてシンシナティに移ったため、ラヴクラフトは高くつくパークサイド街二五九番地のアパートをひきあげ、ブルックリンの区役所に近いクリントン・ストリート一六〇番地のアパートで一人暮すことになった。すなわちレッド・フック地区である。もうこの頃には結婚生活が完全に破綻《はたん》していたといってもいいだろう。さまざまな人種の坩堝《るつぼ》であるニュ

夢幻誅仙手遊誅仙奇緣答案匯總 遊戲小夥伴不要錯過啦!

夢幻誅仙手遊獸神和誰是故交?夢幻誅仙手遊斬相思是誰的武器?夢幻誅仙手遊誰和菩提是同門?這些都是夢幻誅仙手遊誅仙奇緣問Neo skin lab 美容
答的題目噢——相信還有小夥伴不是很清楚答案的吧!下麵小編為大家帶來了夢幻誅仙手遊誅仙奇緣答案匯總,快來看看吧!
  夢幻誅仙手遊誅仙奇緣答案匯總
 
  1、 哪些人和張小凡有感情糾葛?(碧瑤,陸雪琪)
 
  2、 下麵哪個是鬼王宗的主角?(七殺)
 
  3、 下麵哪個是焚康萃樂益生菌香穀的主角?(南宮烈)
 
  4、 斬相思是誰的武器?(秦無炎)
 
  5、 張小凡入魔之後變成了誰?(鬼厲)
 
  6、 獸神和誰是故交?(小白)
 
  7、 草廟村慘案有三人生還,是哪三人?(張小凡,林驚羽,王二叔)
 
  8、 下麵哪個是四靈血陣不需要的靈獸?(黑水玄蛇)
 
  9、 下麵哪些是四靈血陣布陣需要的靈獸?(饕餮,燭龍,夔牛)
 
  10、誰和菩提是同門?(琉璃,普智)
 
  11、陳禦風喜歡誰優纖美容?(末離)
 
  12、七殺為了誰要誓滅青雲?(碧瑤)
 
  13、南宮烈和誰有感情糾葛?(李詩若)
 
  14、末離的前生是誰?(珍)
 
  15、誰是聖巫教第一代聖巫娘娘的轉世?(鈴鐺)
 
  16、十五級可以攜帶什麽寵物?(女賊)
 
  17、誰是青雲的掌門?(道玄)
 
  18、草廟村慘案凶手是誰?(普智)
 
  19、魔教三公子分別是?(金瓶兒,鬼厲,秦無炎)
 
  20、陸雪琪和碧瑤都喜歡誰?(張小凡)
 
  21、下麵哪個是合歡派的主角?(花弄影)
 
  22、下麵哪個是聖巫教的主角?(鈴鐺)
 
  23、下麵哪個是青雲門的主角?(陳禦風)
 
  24、傷心花是誰的法寶?(碧瑤)
 
  25、獸神的寵物是哪個?(饕餮)
 
  26、獸神出山之前曾和哪個門派的掌門暗中密謀?(雲易嵐)
 
  27、是誰找齊五大神器複活了獸神?(黒木)
 
  28、是誰持誅仙劍打敗了獸神?(道玄)
 
  29、張小凡在滿月古井中可能看到了誰?(碧瑤,陸雪琪)
 
  30、下麵誰是張小凡的發小?(林驚羽)
 
  31、下麵的人中誰是護送NPC? (金瓶兒)
 
  32、青雲的守山靈獸是?(靈尊)
 
  33、遊戲中的商店管理員是?(錢小香)
 
  34、遊戲中老是讓人四處鎮妖的人是誰?(枯心)
 
  35、如果你想在遊戲中結婚,那麽你需要找京城的哪位操辦?(月老)
 
  36、誰常年鎮守在天帝寶庫裏?(黃鳥)
 
  37、下麵哪個不屬於十二生肖?(黃鳥)
 
  38、試煉任務找誰接取?(李文典)
 
  39、寶圖任務找誰接取?(林滄海)
 
  40、小竹峰的首座是誰?(水月大師)
 
  41、天音寺的主持是?(普泓)
 
  42、下麵哪個寵物最有可能生活在海裏?(鐵鉗蝦)
 
  43、下麵哪個寵物天生就有毒這個技能?(魔蠍)
 
  44、下麵哪個寵物天生不會攜帶鬼魅技能?(九天靈鳥)
 
  45、下麵哪個寵物有血性狂暴技能?(虎人戰士)
 
  46、想要給自己換個色彩換個心情,需要找誰?(花想容)
 
  47、遊戲中的副本入口被哪個人掌管?(梨花班班主)
 
  48、幫派接引人是哪個?(秦風)
 
  49、結義指引人是哪個?(郝彭酉)
   
原文地址:http://www.guangyuanol.cn/news/360news/2017/0224/717138.html

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R