忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

に大混乱におち

「何と申されたのですか沽空金額、女王陛下」オルバンがあっけにとられたような顔で彼女を見た。
「行きなさい!」セ?ネドラは命令した。「剣を取って、今すぐ行くのよ。できるかぎりたくさんのアンガラク人を殺してきなさい――わたしのために。オルバン、わたしのためにやつらを殺してきて!」そして彼女はようやく泣くことができた。
 オルバンはすすり泣く小さな王女を見て、次いったマロリー軍の方を見た。かれらは依然ミンブレイト騎士の情け容赦ない攻撃にさらされて、すっかり浮足だっていた。若者は歓喜に顔を輝かせると同時に、さっと剣を引き抜いた。「何ごとも女王陛下のみ心のままに」かれはこう叫ぶなり、馬のもとに走り去った。
 マロリー軍の最前列の大多数は公司名註冊

、アルガー人の振りまわすサーベルにせきたてられるようにして、逃げ去ったとはいえ、なおも続々とその数をふやし続け、やがて北に向かう低い丘陵地帯を覆いつくすまでになった。兵士たちの上着の赤色で覆われた地面はまるで血を流しているように見えた。だが次なる攻撃の主力はマロリー軍ではなかった。代わって泥色のうわっぱりを着たずんぐりしたタール人たちが、不承不承位置についた。タール人のすぐ後ろでは、馬に乗ったマロリー人たちが鞭でかれらを急きたてていた。
「あれがマロリー人どもの基本的な戦闘配置さ」ベルディンが苦々しげな声を出した。「ザカーズは死者をほとんどタール人でまかなうつもりなのさ。やっこさんの軍隊はタウル?ウルガスとの戦闘に備えて温存しておく気なのだ」
 セ?ネドラは涙に汚れた顔を上げた。「わたしたち、いったいどうすればいいの?」王女はみにくい魔術師に聞いた。
「タール人を殺すまでのことだ」かれはぶっきらぼうに答えた。「ミンブレイト騎士団が一、二回攻撃してやって、連中の士気をくじいてやらねばならん。タール人は優秀な兵士ではないから、チャンスさえ与えてやれば、喜んで逃げ出すだろうよ正面的生活態度
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R