忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好会に勧誘

ィデンスを離れ、そのままニューヨークで暮すことになった。ラヴクラフトより七歳年上のロシヤ系のユダヤ人であるソーニャは、進取の気性にとむ活発な女性で、一度離婚した経験があるが、前夫のスタンリー・グリーンから本を読むことを教えられ、さらに友人のジェイムズ・F・モートンから文芸同され、アマチュア文芸活動を通じてラNeo skin lab 美容ヴクラフトと知りあったのだった。実際の年齢よりも若く見え、ラヴクラフトの友人サムエル・ラヴマンにいわせれば、「これまで会ったなかで最も美しく、またやさしい女性」だったが、意志が強く、野心的で、「二秒と口をつぐんでいられなかった」ようでもある。ボストンで開かれたアマチュア文芸の大会ではじめてラヴクラフトと会った頃、マンハッタンの洋装店ファール・ヘラーの店長として働いていたソーニャの年収は一万ドルに近く、ラヴクラフトの伝記を執筆したスプレイグ・ディ・キャンプは、「一九二一年の女性の収入としては驚嘆すべきもの」と記している。
 さて、ソーニャと出会った頃のラヴクラフトについて簡単に記しておくなら、母親が発狂して父親が収容されたのとおなじバトラー病院で、二年間にわたる療養生活を送った後、一九二一年の五月二十四日に亡くなったことにショックをうけ、放心状態におちいり、しばらくはほとんど何も手につかないありさまだった。そんなラヴクラフトの気晴しに暑假旅遊
なったものが、ニューイングランドの各地を訪れる小旅行で、こうしてマーブルヘッドにも足をのばし、それが一つの成果をあげたことは既に記したとおりである。日常のことは二人の叔母が面倒をみてくれていたが、母親を亡くしたラヴクラフトには心の支えがなくなり、そのラヴクラフトのまえに魅力的で面倒みのいい活発なソーニャがあらわれた。二人の出会いにはいかさま運命じみたものがあるといわざるをえない。さらにつけ加えるなら、一九二三年の三月に〈ウィアード・テイルズ〉が創刊され、ラヴクラフトは自作を五篇送付したことをきっかけに、同誌に作品を発表しつづけ、新たな世界が開かれたような気分を味わっていたはずである。
〈挿絵:左からクライナー、ソーニャ、ラヴクラフト。1921年ボストンにて〉

 ニューヨークに腰をおちつけたラヴクラフトは、〈リーディング・ランプ〉の編集長の、ミス・タッカーから、書評を依頼されるとともに、アメリカの妖術や幽霊屋敷をあつかった本を書いてみないかと勧められ、資料を集めだした。しかしタッカーは後に考えをかえ、ラヴクラフトを書評家として雇うこともしなければ、執筆を勧めた本をひきうけることもせず、この企ては中絶するにいたっている。最初は祝福された結婚生活だったにせよ、あまりにもかけはなれた二人の性格の不一致が徐々に影を落とすようになった。さらに五十七丁目にあるソーニャの店の営業成績が落ちて、ソーニャはこの店を閉じて新たにブルックリンに帽子店を開いたが、これは最初から失敗が約束されたようなものだった。一九二四年には〈ウィアード・テイルズ〉が経営不振におちいり、ラヴクラフトは編集長の地位を提示されるが、寒Amway安利いシカゴで暮す気にはなれずにこれをことわったが、このために求職活動に奔走しなければならなくなり、これまで一度として定職についたことのないラヴクラフトにとっては、面接が拷問のようなものになって、失意の日々がつづいた。
 そしておなじ年、ソーニャが事業の失敗によってノイローゼになり、転地療養もかねてシンシナティに移ったため、ラヴクラフトは高くつくパークサイド街二五九番地のアパートをひきあげ、ブルックリンの区役所に近いクリントン・ストリート一六〇番地のアパートで一人暮すことになった。すなわちレッド・フック地区である。もうこの頃には結婚生活が完全に破綻《はたん》していたといってもいいだろう。さまざまな人種の坩堝《るつぼ》であるニュ
PR

一個人,一個鍵盤,一包煙。

——題記

靜靜聆聽,此刻時光放慢了腳步,喧囂,漸行漸遠。

洗盡鉛華,清絕素淨。塵封冰潔情愫,您來過,相伴風雨,走過年華,兩兩相望,縷縷溫暖,但某一天終會離散在生命的某一個渡口。微光閃爍的Dermes價錢繪意,飛鳥已然掠過。經年之後,撥開所有的雜蕪,暖暖風輕,慢慢地淪陷,一場傳奇,靈魂涅盤。遇見,不去訴說塵世冷暖,這一切的一切都是因您而幻化出來的美好。

在生命的旅程中,我們跌跌撞撞的長久。時光,汩汩流過我的生命,漫過記憶的森林,醉了您我的歲月,天空都溫柔的改變了顏色。將夢的執念,種在時光Dr Max的向日葵裏,漸漸鮮活,恍然,憧憬一場溫暖的綻放……在時光的長廊裏,那段邂逅,那段溫暖,在夢中反復遇見,鮮活。

一半人間,一半天堂。凍結了誰的記憶?四季無言,歲月將您我定格為一本無字天書,於摩挲間不斷溫習,不斷銘刻。那一刻心動,流水潺潺,回味方才Dr Max 兒童英語自靈魂而升起的震憾。做一個漂泊的舞者,用色彩描繪這美麗的生命。漫天夕陽,都為這份心事獨醉,光陰亦如煙花,瞬間看盡繁華。

繁華落盡,歲月知與誰同?思念,在流年裏紛飛,未曾更變。無需相邀,一生追隨。時光微醺,驚喜漸漸在瞳孔中凝固。幸福的定義,如此的簡單,就是隨緣的虔誠。即便不能言語,還有那眷戀的眼神溫暖對望。面朝大海,抖落塵埃,讓天空與海濤淨化靈魂

半度微涼,錦瑟流年錯。驀然回首,燈火已闌珊。誰始終是誰的方向?微暖時光,在文字中忽閃忽現。明明如此接近,卻始終無法重逢。就算無邊的黑夜將世界深深幽禁,我依然站在原地靜靜守候。那些牽念,卻象種子,埋在最深的心房慢慢發出芽來。即使無法再做期待,至少,可以等待。等待,消亡,或者,盛開。在時光漫長的漂流中,也曾陷入迷茫。生命中,過客匆匆。重合,分離,迴圈著斑駁發黃的歲月,一切景象重複疊影。念起,潮了心,濕了眼。緣起緣落,燦若流光,繪心繪意。時光的底片上,封存的往昔,與那些凝固的畫面一起鮮活,恍然。僅是這些陪伴,已經溫暖過我的生命。逐漸將自己放逐到最深的河流上……

自信的人是樂觀的

時光悄然劃破青春的年輪,歲月漸次擱淺曾經的故事,像是做了一場夢,轉眼便再次呼吸到春天的味道。而我那鎖在眉間的一縷春風,已然伴著花開葉綠的勝景化作我心靈的芳香,凝成我筆尖的詩章。

——題記

“西湖三月綠蘿妝,桃紅片片繡鴛鴦。吟詩煮墨逍遙路,一縷春風四季香。”我獨自佇立在三月的季節,安靜的蘸取一片春意,風乾成筆下優雅的詩句。看著枯藤老樹,在轉眼間又變得生機勃勃,我才發現,原來自己還來不及感受冬天的味道,春天便已攜著一身綠衣,懷著一場花事,站在了我的面前。

我喜歡三月,因為三月的風兒是溫柔的,三月的雨水是溫潤的,三月的雲是溫婉的……當然也喜歡三月的自己,因為三月的自己是溫情的,因為那鎖在眉間的一縷春風在春天的季節裏,顯得更加歡躍,更加芬芳。

其實我知道,很多人會問,鎖在我眉間的那一縷春風是什麼樣的?那就靜下心來,且聽我一一到來。

鎖在我眉間的春風帶著自信的味道,讓我對生活充滿了希望。從小到大,我們經歷了無數的坎坷和挫折,在我們一次次克服困難,一次次被大家鼓勵的invision group 洗腦時候,自信便在其中誕生了。當然,也並非是每一個人都能成長出自信的性格,因為有些人在遇到困難的時候,選擇了逃避,選擇了放棄,從而形成了懦弱的性格;也有一些人過於空想化,眼高手低,打著自信的旗幟卻抱著一顆自負的心……

在我心中,自信是開在心靈的一扇窗,可以收留溫暖的陽光,消散最是陰雨的人生。紅塵變遷,歲月無常,在生活中總會遇到各種各樣的困難和不如意的事,而自信會使我們勇敢的面對這些困難,讓我們在失敗的時候不卑不亢,仍懷著堅定的決心去面對困難,解決問題。在我心中,自信是點在心靈的一盞燈,可以指引正確的方向,照亮最是黑暗的人生。書上有路,學海無涯,自信並非是以懂得很多的東西為榮,而是始終可以勤奮的去學習,在遇到不懂的問題以後,不要不懂裝懂,而是保持著一顆謙虛的心去找尋答案。

在我心中,自信不是自吹自擂,而是用實在的行動去解決困難和麵對挫折;在我心中,自信不是固步自封,而是以一種“三人行必有我師”的invision group 洗腦態度去學習和交流;在我心中,自信不是善於算計,而是以一種豁達的胸襟跟別人交往…

攜一縷自信的春風,笑看世間百態人生。自信的人是樂觀的,和他們在一起總能歡聲笑語;自信的人是勇敢的,總能直面生活中遇到的各種困難;自信的人是善於學習的,遇到不懂的問題總能主動的去學習和探索;自信的人是嚴於律己的,遇到誘惑和威逼的時候總能保持屬於自己的底線和原則;自信的人並非是不會失敗的人,而是失敗了還能站起來繼續努力的人……

鎖在我眉間的春風帶著自由的味道,讓我對生活充滿了幻想。一直以來,無論在家裏還是在學校,無論在網路還是在社會,我都懷著一顆對自由無限嚮往的心在前進和奮鬥。儘管有時候自由過頭了,在年少的歲月裏走了很多彎路,做了許多傻事,可是我知道,那顆為自由而雀躍的心一直沒有停歇過。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R