忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の腕をあげな

「ゼダーはどこにいるの?」ポルおばさんはダーニクの亡骸から涙に濡れた顔を上げ、強烈なまなざしで老人をにらみつけた。
「下へ残してきたよ」ベルガラスがそっけなく言った。
「死んだの願景村人生課程?」
「いいや」
「それじゃ、ここに連れ戻してちょうだい」
「何のために?」
「わたしと対決させるためよ」彼女の瞳が燃えあがった。
 老人は頭を振った。「いいや、ポル。おまえはこれまで人を殺したことなどないのだぞ。ならばそのままにしておこうではないか」
 彼女はそっとダーニクの身体を床に横たえて、立ち上がった。青白い顔は悲しみと渇望に歪められていた。「それなら、わたしが行くわ」女魔術師はそう言い捨てると、足もとの床を打とうと

するかのように両腕を振りあげた。
「だめだ」ベルガラスもまたがら言った。「そんなことをしてはいかん」
 二人はにらみあったまま、すさまじい沈黙の死闘を続けた。ポルおばさんの顔に父親の妨害に対するいらだちの色が浮かんだ。彼女は一方の腕をあげて、意志の力で大地を叩き割ろうとしたが

、再度ベルガラスは自分の腕を振りあげた。
「行かせてちょうだい、おとうさん」
「だめだ」
 彼女は見えない妨害から逃れるように身をくねらせ、意志の力を倍加した。「行かせてよ、この老いぼれ」
「だめだ、こんなことをしてはいかん窩輪。わしはおまえを傷つけたくないのだ」
 彼女は再度、死にものぐるいで意志をぶつけようとしたが、ふたたびベルガラスによって阻止された。老人の表情が固くなり、あごがこわばった。
 ポルガラはついに体中の意志の力をふりしぼって、老人の作り出した障壁に叩きつけた。だが老人の姿はまるで不動の岩のように動かなかった。彼女はがっくりと肩を落とし、顔をそむけると

、再びダーニクのかたわらにひざまずいてすすり泣きはじめた。
「すまなかった、ポル」老人は優しい声で言った。「できるなら、こんなことはしたくなかったのだ。大丈夫か?」
「よくもそんなことが言えるわね」彼女はダーニクのもの言わぬ身体に腕を巻きつけ、とぎれとぎれに言った。
「まさかこんなことになるとは思わなかったのだ」
 彼女は父親に背をむけて、両手で顔を覆った。
「それにおまえが下へ行っても、もはややつには会えんだろう、ポル」老人は言った。「われわれがいったん行なったことを、他人が元に戻すことができないことくらい、おまえも知っているは願景村
PR

不思議な会話が終わる

ガリオンは思わず息をのんだ。
 するとどこか果てしない遠くから アルダーの声が聞こえてきた。師弟はしばらく静かな声で話をかわしていたが、その間にも祖父の〈意志〉の力は衰えなかった。アルダーの〈意志〉を注ぎこまれ、大きくふくれあがったそれはますます強大になっていくようだった。
「いったい何が起こってるんだ」シルクの声には怯えに近いものが感じられた。
「おじいさんはアルダーと話しているんだ。でも何といってるのかは聞こえないんだ」
「アルダーがかれを助けているの?瘦面針」ヴォルダイがたずねた。
「わかりません。アルダーがもはや自分の〈意志〉を使ってるのかもよくわからないんです。でも、どうやら限界のようなものがあるようです――かれと他の神々とのあいだで取り決めた何かが」
 のと同時に、ガリオンは祖父の〈意志〉がますます高まり、寄り集まってくるのを感じた。「始まったぞ」ガリオンはなかばささやくような声でふたりに言った。
「ベルガラスの力はまだ続いてるのか」シルクがたずねた。
 ガリオンはうなずいた。
「前とくらべて衰えたりはしていないかね」
「わからない。力がどれくらいの強さかを測ることはできないんだ探索四十課程
 ふくれあがった緊張状態はいまや耐えがたいまでになった。ベルガラスが今行なっていることは、とてつもなく深遠でいわく言いがたいものだった。今回はわきあがるうねりも、うつろな反響も感じられなかった。そのかわりにガリオンは老人の〈意志〉がいらいらするほどゆっくりと放出されていく、ちくちく刺すような不思議なささやき声を聞いていた。それは何かを繰り返し語っているようだった――意味がほとんどわかっているのに、直前のところでかわされているようなじれったさをガリオンは感じていた。
 家の外で遊んでいた沼獣たちの動きがぴたりとやんだ。立ちつくしたまま一心に耳をすますかれらの足元で忘れさられたコケのボールがむなしく転がった。朝のひと泳ぎから戻る途中のポッピーとチューピクもまた凍りついたように動きを止め、水面から頭を出してベルガラスがやさしくささやく声にじっと聞き入った。それはかれらの心に直接ふれながら、話しかけ、説明し、教えた。動物たちの目がいっせいにすべてを理解したかのように見開かれた。
 ようやくベルガラスが霧にけぶる柳の木々のあいだから姿をあらわした。老人の足取りは重くよろよろしていた。かれはゆっくりと家にむかって歩き出したが、途中で一回だけ足をとめて、戸口のまわりにたたずむ沼獣たちの驚いた顔をじっとのぞきこんだ。そして深くうなずいて家の中に戻ってきた。かれの両肩は疲労にがっくりと落ち込み、白い髭を生やした顔には血の気がなかった。
「あなた大丈夫なの」ヴォルダイの声からもはや奇妙な平板さは失われていた辦公室裝修工程

はあたかもそのひと

「もしそのお嬢さんがたにキスしているところをポレン王妃が見たら、たちまちきみの腹わたを切り裂くだろうよ」アンヘグ王はいささか無遠慮な笑い声をあげた。
 ポルおばさんが娘たちを紹介するあいだ、ガリオンは一行から少し離れて、レルドリンが一週間あまりで引き起こした大混乱について思いめぐらしていた。すべての紛糾を直すだけでも何ヵ月もかかる上、もう二度とそれが起こらないという保証はないのだ――特に若者が血気にはやって何かをやらすことがないという保証はInternational School Interview questions
「あなたのお友だちはどうかしたの」気がついてみるとセ?ネドラ王女がガリオンの袖を引っぱっていた。
「どういうことだい」
「あなたのお友だちはいつもあんなふうなの」
「レルドリンは――」と言いかけてガリオンはためらった。「かれはものごとに熱中しやすい性格なんだ。だからときとして、考えるより前に口走ったり、行動したりすることがあるんだよ」友人に対する忠誠心からガリオンはあまりレルドリンの悪口を言いたくなかった。
「ガリオン」セ?ネドラはかれの心を見すかすような視線を送った。「わたしにはアレンド人がどういう人たちかよくわかっているし、かれはこれまで会ったなかでももっともアレンド人そのものの人間だわ。あまりにもアレンド人すぎて、ほとんど馬鹿みたいよ」
 ガリオンは急いで友人の弁護にまわった。「あいつはそんなにひどくはないよ」
「そうかしら。じゃあレディ?アリアナはどうMFGM 乳脂球膜? あの人は美人で、腕のたつお医者さまだわ――それなのに、およそひとかけらの理性も残っちゃいないのよ」
「二人は愛しあってるんだ」ガリオンことですべてが片づくような口ぶりで言った。
「それがいったい何の関係があるのよ」
「愛というものは人を変えてしまうのさ」ガリオンは説明した。「理性的な判断とかそういったものに穴をあけてしまうんだ」
「たいしたご意見ですこと」セ?ネドラが言った。「先を聞かせてちょうだい」
 ガリオンは自分自身のことですっかり頭がいっぱいだったので、彼女の声がとがってきた兆候に気づかなかった。「恋におちたとたん、あらゆる知性は頭の中から漏れだしてしまうらしい」かれは憂うつな声で続けた。
「あなたの表現ってずいぶん個性的なのね」セ?ネドラが言った。
 ガリオンはまたしても警告を見落としてしまった。「恋というのは一種の病気のようなものだからね」
「ガリオン、いいことを教えてあげましょうか」王女の声は落着きはらい、ほとんどそっけなくさえあった。「あなたを見てるとときどき本当に腹がたつわ」そう言うなり彼女はくるりと向きを変えて、あっけにとられて口をあんぐり開けたままのガリオンを残して立ち去った。
「ぼくがいったい何をしたっていうんだ」かれは追いかけるように呼びかけたが、王女に黙殺された。
 一同が晩餐を終えたのち、ローダー王はベルガラスの方をむいて言った。「いつになったら〈珠〉を見ることができるのかね」
「明日だ」老人はきっぱりと言った乳鐵蛋白。「明日正午、〈リヴァ王の広間〉のしかるべき場所に戻してからだ」

采禪意入墨,寄靜美於心

文字變得愈發清淡,心也愈發素然。我想,這就是人生最美的色彩了!



愛自己,並非僅僅壹種臆想,而是賦予自己靈魂的自由,做喜歡的事,見想念的人。

愛自己,不能說壹味自我,更無關於自私。就愛情而言,可以傾心付出,兩情相悅,但若失了自我,那便算是辜負了自己。

人生時而就如這天氣,陰晴忽爾間。活著,許是壹份心態吧。俗世煙火總能令心靈失了味,既真晰,也迷離,而書卷中的山水,回眸盡是返璞歸真。無處不是明鏡菩提,只消擁壹顆雲水禪心。

閑暇時分,我偏愛安靜。聽窗外風狂雨驟,望眼中雲蔽花羞,看紙上的詩意,開滿溫柔。時光靜好,心自逍遙。

我想,這大概是無愧於己。此刻,我是歡喜的。

健康地生活,悠然地行走,詩意地棲居,善與愛使內心豐盈。給心壹個自由吧,善待自己,才是最好的自己。

有時,我想,人生就是這樣吧,有陰雲亦有晴陽,有低谷亦有高峰,壹時的運氣不好,並不能說明妳的人生很糟,也不代表妳的能力很差。總有陰轉晴天的時候,關鍵看妳怎麽調節自己,不至於活得那麽憂傷。

生活陰暗的時候,我會無止地沈默,不露不吐,在心裏自行消化並沈澱。此時說的話也不是什麽好話,而我們也已過了有什麽說什麽的年紀了。沈默是金,大抵是這個道理。

總歸,我相信,誰也不能預料人生,但低谷壹定會過去,道路且長,往前走,總能向上……

女人,只有傻過才會更好地成熟。

壹生的路還那麽地長,活得不好,疼痛的是自己,折磨的是在乎妳的人。

人,真的要忙起來,就不會有時間想那麽多了。想多了,除了累,就是累,不必要的。

人生難得糊塗,太過精細,未免會平添犯愁,不過是庸人自擾了。

人在江湖,身不由己。生活並沒有那麽如意,但要如了自己的心,心態很重要。

有的人從來不張揚,低調無疑是壹種優雅,我越是喜歡。

有些人,壹旦入心,便成習慣了。我只要遠遠地看著,知道他好,就已足夠。有些情,不言於表,妳可知那種深沈?

時間久了,就會習慣把他放在那裏,時不時看看他的名字了。這就是老朋友。

我們在壹步壹步成長,即使還不成熟,至少已懂得許多!成長的過程有苦有淚,我們最終都會是笑著回味。

風花雪月是青春的調味劑,多姿多彩後,生活歸於平淡,但至少踏實。不必擔心誰會離開誰會來,誰人憂傷誰徘徊。

家人、愛人、友人,都還在,多好……

父親,這壹輩子很辛苦。

累了不說,痛了不說,傷了不說,壹切都選擇了默默承受。

父愛是沈默且深沈的。

對子女對家的愛都放在了心底,專壹且堅固。

我相信我的爸爸就是最好的爸爸,畢竟他是這個世上最愛妳的男人。

他受過很多苦,遭受很多痛,但他從不讓妳承受多的苦痛。

人說父愛如山,是啊,他就像壹座穩重的山,為妳遮風擋雨,為妳築成港灣。

我說時光啊,時光慢些吧,不要再讓妳變老了。

我願用我壹生,換妳歲月長留……

爸爸啊,我們都愛妳!

光陰無疑是個隱形的殺手,能將原本親密的兩個人壹分為二,再無交點,甚至越來越遠。所以現在,我終於安靜地承受壹切,源於曾經歷過的沈澱。

我大概也不會相信永遠有多遠,更沒有來世。因為來生不再見,所以今生才更要珍惜。有的人陪妳走過壹程,有的人伴妳壹路相隨,每壹種,我都會感激。所以當妳無聲地在我生命裏消去,我只會默默地為妳祝福,或許還會偶爾把妳想起,盡管苦澀,都化在心底。因曾惺惺相惜,今生已然無悔。

我是那麽沈定,不會挽留,不問緣由,只笑著祝福,做回自己脫毛 bikini

妳信嗎?有些人,有些情,過了就再也回不去了……

我終極是個懷舊女子,常常於人群中記起舊夢,我想找回,可人事已非。

人越年長,或經歷過風雨,就會越來越意識到友誼的可貴,因為友情比愛情長久。每壹個真誠的人,我都不願離棄,畢竟煙火迷離,這裏純粹的溫暖也是心靈港灣。

壹程風壹程雨,充實的經歷令我成長太多。我同樣多麽感謝友情的壹路相隨,都說陪伴是最長情的告白,至今還伴隨著的,我們的情之堅定,時間是最好的證明。

女人,都喜歡聽好話,但也壹定要聽真話。

感覺幸福就靜靜享受,可以享福,但別高調炫耀,就是美德了。

內心豐盈,才會幸福。

身在濁世,唯心自在,方才快樂。

換名,終究是在逃避,要麽就是心不夠沈靜。關空間,也是壹種情緒不定的表現。其實啊,心情如何,跟網絡無關。所以善待愛我們的人吧。

我就是個直性之人,喜歡的就是喜歡,不喜歡的就不喜歡。我好怕辜負別人,但又勉強不了自己。

或許是因緣吧,有的人無論如何都走不進心裏,做得再多也無用,而有的人不必刻意討好,反而就在心裏了。

無法使人愛我,我只能善待他人。活著不易,且行且珍惜吧中藥

健康以外,都是為賦新詞強說愁。

許多東西,要自己去爭取,長得美也要品德好,才能牽住他身,長得醜更要優秀,才能留住他心。幸福是用來品味,不是拿來秀的。

誰都可能會離開妳,比什麽,都不如自己會,自己才是自己的女王!

壹個被富養出來的女兒交了對象後,反而變得不再打扮,生活拮據,平平凡凡。壹個被窮養出來的女兒交了對象後,變得愛打扮,生活充實,有滋有味。男人都不是有錢人,但出現兩種生活狀態,源於妳遇見什麽樣的人,和妳選擇過怎樣的生活。我傾向後者。

富養和窮養那是父母給妳創造的,我們無法選擇,但未來的生活我們可以自己改造。女人,就不應虧待自己,該吃吃,該喝喝,喜歡的衣服鞋包就買,每天都穿得美美的,沒必要委屈自己成淹沒在人群中的人。

壹個人會不會生活,並不在於妳富裕與否,而是經營理念。妳過得不好,即便買上了房車,又會有孩子,依舊不舍為自己花錢。壹輩子辛勞成黃臉婆,也不見得誰就壹定會對妳感恩戴德。

我欣賞會打扮的女人,至少人家有能讓人自卑的資本。做壹個出色的女人,不僅要內心美,外表也壹定要美!

最基本的,吃要有葷有素,喝要有湯有料,衣櫃裏許多漂亮裙子,我覺得現在的生活狀態就挺知足。

許多心情,如果當時沒說,過後也就不想說了。就像情緒,發泄完後,就風淡雲輕了,但如果積壓在心裏,或許會產生爆炸性的後果。女人感性,喜歡傾訴,若憋在心裏,久之,要麽是決絕,要麽是毀滅。

越發地,喜歡靜默,千種情緒,在心裏化成了風,不說。然並非冷漠,而是落定了壹襲優雅的姿態,成佛。

緣來緣去的紅塵,我只淡淡地看著。悲不言,喜不語,更甚是不悲不喜。倘若不曾有過那般驚奇的過去,又怎能如心拾得禪雲的菩提。

面對離別,我時而有壹種懷想,幸而我尚存有暖息,還自持對文字的壹份余溫,對友情的壹份珍惜,從未離去。

那麽,我並未因甚而忘初心,失了自我。

不因經歷過痛苦就失去快樂,不因經歷過哭泣就失去歡笑,不因被傷害過就不相信愛情,不因被離棄過就不相信美好,不因走過失意的風傷悲的雨,就變得清冷而拒絕壹切,塵封自己。

那是在與自己過不去。我願遇見溫柔,如初。

我依然相信壹切的美好,依然。

許多時候,妳眼中的人是否美麗,決定於妳是否有意。妳若歡喜,他縱布衣粗茶,恬居草野,那也是壹闕不施粉黛總相宜的宋詞。若不入心,即便華錦盛冠傾城色,亦是壹場寂寞的傳奇。因人而說“情人眼裏出西施”,大抵如此。

倘若歲月不曾改,我依舊壹支素筆寫就壹場盛事,故事會否有不同的結局?光陰悠悠,居然連壹些人的樣子都依稀忘記,偶然再見傷害過自己的人,記憶漸次模糊,壹笑,便如煙雲。相信吧,所過不去的坎、忘不掉的人、割不舍的情,都會壹壹成為過去,僅僅時間早晚的問題。

生命多嬌,有葉落的蕭瑟,也有花開的嫣然,有愛妳的人為妳護航,亦有厭妳的人教妳堅強。如此,方才算完整吧。那麽大可不必為落紅成泥而傷懷,低入塵埃,才能相約下壹個花期,開出花來。萬物有它的宿命,我只需壹顆艷俗之心,素心花對素心人,於陌上,莞爾,輕吟。

心胸,是被痛苦和委屈撐大的

沙粒進入蚌體內,蚌覺得不舒服,但又無法把沙粒排出。好在蚌不怨天尤人,而是逐步用體內營養把沙包圍起來,後來這沙粒就變成了美麗的珍珠。


吸血蝙蝠叮在野馬腳上吸血,野馬覺得很不舒服,但又無法把它趕走,於是就暴跳狂奔, 不少野馬被活活折磨而死。科學家研究發現, 吸血蝙蝠所吸的血量極少,根本不足以致野馬死去,野馬的死因就是暴怒和狂奔。


不如意事常八九。我們遇到不如意的事時,不妨多想想蚌和野馬。


我們何不像蚌那樣,設法適應,利用自己無法改變的環境,以“蚌”的肚量去包容壹切不如意的境遇,使之為我所用。不要像野馬那樣壹不如意就暴跳如雷。這樣只能自食苦果。


成功者說:讓自己停止煩躁,學會適應壹切逆境 …因為逆境是成功的階梯,痛苦和委屈是人生最寶貴的經歷。壹個人的心胸和格局也都是被痛苦和委屈給撐大的。


慢慢的才知道:人這壹輩子,要經得起謊言,受得了敷衍,忍得住欺騙,忘得了諾言。慢慢的才知道:給自己壹個迂回的空間,學會思索,學會等待,學會調整。人生,有很多時候,需要的不僅僅是執著,也需要回眸壹笑的灑脫。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 wotoadgi]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R